カメラ査定のポイント

カメラを高価買取してもらうためには、査定のポイントを知っておくことが重要です。カメラ自体の査定の際にチェックされているのは、実は素人目でチェックできるものがほとんどです。ここを抑えておけば電話などでの事前査定の際に、比較的、実物を見ての査定と変わらない査定額を知ることもできます。

カメラ重要なのは外観。傷や凹みがないかどうかがポイントです。印字されている文字が消えたりかすれたりしていないかも重要です。液晶画面がしっかり表示されているかもチェックが必要。特にデジタルカメラは液晶画面で撮影範囲などを確認することも多いため、きれいに見えることが重要です。一眼レフカメラであれば、さらにカメラの覗き穴であるファインダーの内部やミラー部分、バッテリーやカード差し込み口にゴミやカビや曇り、サビがでていないかがチェックされます。

さらに、一眼レフカメラであればメーカーも重要。カメラの2大メーカーであるニコンやキャノンは高値が付きやすくなります。元箱やストラップ、マニュアルだけでなく、カメラを梱包していたビニール袋まで揃っていれば、新品に近い美品として販売できるため、有利になります。

ちょっとした気遣いで変わるカメラの買取価格。少しでも高価に買い取ってもらえるよう注意することで、納得いく価格での買取も実現できます。新しいカメラが欲しくなったら、まず、買取を検討して、希望するカメラの買い替えにつなげてくださいね。

関連リンクカメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください

買取り可能なカメラ

一眼レフ買取可能なカメラの機種は、デジタルカメラだけではありません。フィルムカメラや三脚などの付属品を買い取ってくれる業者もあります。ただ、ニーズがあるのはデジタルカメラ。中でも高値がつくのはデジタル一眼レフカメラです。ミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラはもともと販売価格が安いので、買取価格も安くなります。大手の買取業者では、コンパクトデジタルカメラが数千円から1万円程度、ミラーレス一眼が数万円程度なのに対し、デジタル一眼レフの上位機種になると10万~30万円以上の価格がつけられることもあります。

さらに、レンズだけでも買取してくれます。レンズはカメラ本体より買取価格が安定しており、古いものでも買い取ってくれることが多いのです。メーカーの違いで査定額に差がつくこともなく、カビや曇がなければ、多少状態が悪くてもそれなりの価格で買い取ってくれます。

カメラ専門店などでカメラを購入する際は、サービスとしてカメラを下取りしてくれることもあります。この場合は、カメラ種別や販売年代にかかわらず一定の価格が設定されており、買取専門店より高くなることはありませんが、買取で価格がつかなかったカメラも価格がつくことがあります

幅広いカメラ買取業界

段ボールカメラブームに伴い、カメラはいろいろなところで買取されるようになりました。以前は、カメラ販売店などの専門店での店頭買取が主でしたが、最近では、出張買取や宅配買取などのサービスも出てきています。出張買取や店頭買取は、実際のカメラを目の前で査定してもらえますが、宅配買取は、ダンボール箱や緩衝材をまとめた梱包キットを申し込んで、所定の場所に送付して査定してもらうサービスです。申し込めば無料で集荷してくれる買取業者もあり、宅配業者を自分で手配する必要もありません。カメラの査定は、どの業者も査定のプロが、本体やレンズ、付属品などの状態をしっかりとチェックして価格を設定。査定価格に納得がいかなければ、宅配査定の場合でも、電話やチャットなどで疑問点を質問することができます。

いずれの場合も、どのくらいの価格がつくかの判断は素人には難しいもの。可能な限り、2つ以上の業者に査定してもらって、自分のカメラにどのくらいの価格がつくのか、確認しておくことが重要です。特に、宅配買取サービスを利用する際は、買取キャンセルの際、返送料を負担する必要があります。事前に店頭買取サービスや電話査定サービスを活用して、だいたいの価格を確認しておくようにしましょう。予め明確な基準をもって、○円以上なら売る、ということを決めておけば、買取交渉を有利にすすめることができます。

カメラは買取がお得

パソコンや電気製品同様、定期的に最新型が発売されているカメラ。かつてのフィルムカメラに比べ、デジタルカメラは開発の間隔が短く、コンパクトカメラであれば、年に1回は機能や画質が向上した製品が発表されています。新しい機能をもったカメラが発売されたら、新製品が欲しくなり、カメラを買い換える人も多いでしょう。スマートフォンのカメラ機能が向上したとはいえ、デジタル一眼レフカメラでの撮影にハマってしまうと、コンパクトカメラでも物足りなくなり、一眼レフやミラーレス一眼にステップアップして、表情のある写真撮影にチャレンジしたくなるという人も少なくありません。入門機で満足できなくなり、中級機や上級機の一眼レフを購入したくなることもあります。

カメラ女子コンパクトカメラであれば、それほど高価にはなりませんが、一眼レフやミラーレス一眼であれば、10万円以下の機種はほとんどありません。デジタル一眼レフの上級機になれば、50万円、60万円に価格が設定されているものもあります。そんなとき、賢い方法は、今持っているカメラを買い取ってもらって現金化した後、それを元手に次の機種を買う方法です。専門店に買い取ってもらえば、想定していた機種より少し高機能の1台を手に入れられるかもしれません。

当サイトでは、どんなところでカメラを買い取ってもらえるか、査定の際に見られているポイントなどをご紹介し、少しでも高価でカメラ買取を実現するお手伝いをします!