カメラ査定のポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

カメラを高価買取してもらうためには、査定のポイントを知っておくことが重要です。カメラ自体の査定の際にチェックされているのは、実は素人目でチェックできるものがほとんどです。ここを抑えておけば電話などでの事前査定の際に、比較的、実物を見ての査定と変わらない査定額を知ることもできます。

カメラ重要なのは外観。傷や凹みがないかどうかがポイントです。印字されている文字が消えたりかすれたりしていないかも重要です。液晶画面がしっかり表示されているかもチェックが必要。特にデジタルカメラは液晶画面で撮影範囲などを確認することも多いため、きれいに見えることが重要です。一眼レフカメラであれば、さらにカメラの覗き穴であるファインダーの内部やミラー部分、バッテリーやカード差し込み口にゴミやカビや曇り、サビがでていないかがチェックされます。

さらに、一眼レフカメラであればメーカーも重要。カメラの2大メーカーであるニコンやキャノンは高値が付きやすくなります。元箱やストラップ、マニュアルだけでなく、カメラを梱包していたビニール袋まで揃っていれば、新品に近い美品として販売できるため、有利になります。

ちょっとした気遣いで変わるカメラの買取価格。少しでも高価に買い取ってもらえるよう注意することで、納得いく価格での買取も実現できます。新しいカメラが欲しくなったら、まず、買取を検討して、希望するカメラの買い替えにつなげてくださいね。

関連リンクカメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください